シャンプー前のブラッシング~クッションブラシの使い方~

シャンプー前にクッションブラシでブラッシングの習慣をつけよう!

最終更新日:2018年4月7日

シャンプー前にブラシを使った方が良いというのを何となく耳にしたことがあるか、TVや雑誌で見たことがありませんか??

 

シャンプー前のブラッシングには髪の絡みをほぐしたり 頭皮や髪に付着した埃やフケなどを落ちやすくしてくれます。また髪が絡んだまま髪を濡らすとシャンプー中に髪を引っ張ってしまい、切れ毛や抜け毛の原因になってしまいます

 

聞いたことはあるけどやり方がいまいち分からない、どんなブラシを使ったら良いのかなぁと思っている方にご紹介します。

 

ブラシは、よくホテルのアメニティなどで置いてあるようなスケルトンブラシではなく、根本がフカフカしているクッションブラシがオススメです。

 

クッションブラシというのは、頭皮にブラシの毛先があたったときに、根本のクッションがブラシのアタリを和らげて頭皮の負担を減らしてくれるブラシです。

 

シルバーの箱に入っているブラシの写真

種類も樹脂製、ステンレス製、猪毛製など様々ですが、一つの穴から足(髪を梳かす部分)の本数がたくさん出ている物(猪毛など)は細い髪質のかたに良いと思います。

樹脂製やステンレス製のブラシなどは太い髪質のかたに良いと思います。

 

クッションブラシの使い方

髪の梳き方は、ロングヘアのかたは毛先のモツレを最初に梳かし、段々と髪の根本の方から毛先へ梳かすように移動していきます。

ロングヘアの人がクッションブラシを使って毛先を梳いている写真

 

ショートヘアのかたは、耳周りがスタートです。顔側の生え際から後ろへ向かって梳かしていきます。

クッションブラシを使って生え際から後ろへ向かって梳かしている写真

少しずらして、同じように前から後ろに梳かします。段々ずらしていって反対側の耳周りまで来たら、始めた側の耳周りまで梳かしながら戻ります。

 一連の流れを動画にしてみたので、ご参考にしてみてください。

注意点とまとめ

ここでブラッシングをするときの注意です。ブラッシングはとっても気持ち良いので、ずーーっとやってしまう人がいるのですが、やりすぎると人によっては血行が良くなり、むずがゆさがでる人もいるので、程々でお願いします。

あと、ハードムースやハードスプレーなどでピシッとキメてらっしゃる方は、ムリにブラシを通そうとすると頭皮のほうに負担がかかり、抜け毛の原因になってしまうので、髪を少し濡らして整髪料をゆるめてから梳かすか、クレンジングシャンプーを併用することをオススメします。

 

キレイな髪は健康な頭皮から。

 

毎日のお手入れがキレイな髪を作ります。

 

シャンプー前のブラッシングでキレイな髪を手にいれましょう!

↓お問い合わせはこちらから。
ご予約・お問い合わせ

↓ご予約は24時間受付のWEB予約がおススメです。
24時間受付Web予約サイト直通

関連記事

  1. 目白オーファ冬の頭皮の乾燥におすすめのメニューとシャンプー

    【冬の乾燥対策】カサカサ頭皮におすすめのヘアメニュー&シャン…

  2. 夏の紫外線対策アイキャッチ

    夏の『髪』の紫外線対策に!!お薦めトリートメント